(最終更新日:2022-04-04 19:09:21)
  ホンダ マサタカ
  本多 真隆
   所属   人文学部 人間社会学科
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
社会学 (キーワード:家族社会学、歴史社会学、社会学史、質的研究、ジェンダー) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  よくわかる家族社会学   (共著) 2019/12
2. 著書  最小の結婚―結婚をめぐる法と道徳    2019/11
3. 著書  家族情緒の歴史社会学―「家」と「近代家族」のはざまを読む   (単著) 2018/02
4. 著書  入門 家族社会学   (共著) 2017/04
5. 論文  戦後日本家族と「子育ての連帯」―団地幼児教室における「民主的」運営への着目から ソシオロゴス  (単著) 2020/10
全件表示(28件)
■ 講師・講演
1. 2019/07/27 公文書館のつかいかた―資料から浮かび上がる「昭和」の時代
■ 受賞学術賞
1. 2021/09 日本家族社会学会 日本家族社会学会賞(第2回奨励著書賞)
2. 2019/09 日本家族社会学会 日本家族社会学会賞(第8回奨励論文賞)
■ 学会発表
1. 2021/09/04 性愛と民主主義:1945~60年代前半における夫婦関係の表象(第31回日本家族社会学会大会)
2. 2021/07/17 戦後初期における一夫一妻制の性愛と倫理:1945~50年代前半の「性解放」への着目から(2021年度家族問題研究学会)
3. 2020/12/12 単著・博論・投稿論文(早稲田社会学会・三田社会学会合同研究例会 若手研究者交流会)
4. 2020/09/12 有賀喜左衛門における主従関係とモラル―戦前・戦後の「家」および社会関係の変容を通して(第30回日本家族社会学会大会)
5. 2019/09/15 戦後日本家族と「子育ての連帯」―団地幼児教室における「民主主義」の軌跡と現在(第29回日本家族社会学会大会)
全件表示(22件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2021/03  家族機能の外部化と社会的連帯に関する研究:1960~70年代の団地の保育施設から 若手研究 
2. 2017/04~2018/03  家族情緒の歴史社会学 研究成果公開促進費:学術図書 
3. 2016/08~2018/03  家制度の情緒的関係に関する歴史社会学研究:1880~1950年代の家族論を中心に 研究活動スタート支援 
4. 2014/04~2016/03  近代日本における家族と情緒性の歴史社会学 特別研究員奨励費 
5. 2013/06~2013/07  Transmission of Tacit Skills in East Asian Graduate Science Programs 国際共同研究 
全件表示(6件)
■ 学歴
1. 2006/04~2010/03 早稲田大学 人間科学部 卒業 学士
2. 2010/04~2012/03 慶應義塾大学 社会学研究科 社会学専攻 修士課程修了 修士
3. 2012/04~2016/03 慶應義塾大学 社会学研究科 社会学専攻 博士課程修了 博士
■ 職歴
1. 2018/04~2021/03 明星大学 人文学部 人間社会学科 助教
2. 2016/04~2018/03 早稲田大学 人間科学学術院 助手
3. 2014/04~2016/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
4. 2020/04~ 大妻女子大学 人間関係学部 非常勤講師
5. 2019/04~ 慶應義塾大学 文学部 非常勤講師
全件表示(15件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2020/04~ オンライン授業への対応、ZOOMおよびLMSの積極的活用
2. 2019/04~ 社会調査演習の実施
3. 2018/04~ コメントシートの導入による双方向性をもった講義の推進
4. 2018/04~ 講義内での学生による調査報告
●作成した教科書、教材
1. 2019/12 『よくわかる家族社会学』(ミネルヴァ書房)
■ 授業科目
1. 【院】家族社会学研究a
2. 【院】家族社会学研究b
3. フィールドワークへの招待
4. レポート作成とプレゼンテーション
5. ワーク・ライフ・バランスの社会学
全件表示(15件)
■ 所属学会
1. 2012~ 家族問題研究学会
2. 2016/07~ ∟ 庶務委員
3. 2012~ 日本家族社会学会
4. 2016/05~2016/09 ∟ 大会実行委員
5. 2013~ 関東社会学会
全件表示(15件)
■ 資格・免許
1. 2017/10 専門社会調査士(第002418号)