(最終更新日:2022-05-10 10:43:31)
  スズキ ユウスケ
  鈴木 裕介
   所属   人文学部 福祉実践学科
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
社会福祉学 (キーワード:地域福祉、医療福祉、高齢者福祉、中山間地域、医療ソーシャルワーク、アドボカシー) 
■ 著書・論文歴
1. その他 福祉三専門職の有効性に関する研究―重層的支援体制整備事業に関する医療ソーシャルワークの有効性に関する調査研究報告書   (共著) 2022/03
2. 論文  医療機関におけるソーシャルワーク実践を基盤とした退院支援計画 ソーシャルワーク研究 45(4),31-38頁 (単著) 2020/01
3. 論文  医療ソーシャルワーカーが行うアドボカシー援助実践の対象 医療社会福祉研究 26,55-67頁 (単著) 2018/03
4. 論文  医療ソーシャルワーカーが行うアドボカシー援助活動の構造 社会福祉学 58(1),26-40頁 (単著) 2017/05
5. 論文  中山間地域で暮らす要介護高齢者の医療福祉ニーズと生活満足度の関連 介護福祉学 23(2),128-136頁 (単著) 2017/04
全件表示(27件)
■ 学会発表
1. 2017/06 退院支援加算1算定に向けての取り組みの現状と課題-質的評価指標の開発(日本医療社会福祉協会 第65回全国大会)
2. 2017/06 医療ソーシャルワーク分野での専門職ポートフォリオの活用―作成ワークショップ・プログラムの試作(日本医療社会福祉協会 第65回全国大会 )
3. 2016/09 退院時に関連職種からMSWに求められる役割期待―在宅ターミナルケア移行期に焦点化して(日本医療社会福祉学会 第26回大会)
4. 2016/09 医療ソーシャルワーカーが実践するアドボカシー援助活動と倫理綱領遵守との関連(日本医療社会福祉学会 第26回大会)
5. 2015/10 転院に影響を及ぼす患者の背景要因の分析―ソーシャルワーカーの介入開始から転院までに着目して(全国自治体病院学会 第54回大会)
全件表示(10件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/08~  福祉三専門職によるソーシャルワークの有効性に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2017/04~2021/03  中山間地域で暮らす要介護高齢者の医療福祉ニーズに対する地域特性を勘案した支援方法 若手研究(B) 
3. 2014/04~2017/03  中山間地域で暮らす高齢者の医療に関連する福祉ニーズの評価指標の開発 若手研究(B) 
■ 学歴
1. 2011/04~2016/03 高知県立大学大学院 博士課程修了 博士(社会福祉学)
■ 職歴
1. 2018/04~ 明星大学 人文学部 福祉実践学科 准教授
2. 2011/04~2018/03 高知県立大学 社会福祉学部社会福祉学科 助教
3. 2003/04~2011/03 社会福祉法人 浅草寺病院 医療福祉相談室
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2018/04~ Think, Pair&Share
2. 2018/04~ ミニッツ・ペーパー
■ 授業科目
1. ソーシャルワーク実習指導1
2. 保健医療サービス論
3. 卒業研究
4. 卒業研究演習1
5. 卒業研究演習2
全件表示(15件)
■ 所属学会
1. 2015/07~ 公益社団法人 日本医療社会福祉協会
2. 2021/11 ∟ 保健医療分野におけるソーシャルワーク専門研修チーム員
3. 2015/03~ 日本介護福祉学会
4. 2014/07~ 一般社団法人 日本社会福祉学会
5. 2018/01~ ∟ 査読委員
全件表示(9件)
■ 委員会・協会等
1. 2019/04/01~ 一般社団法人 日本ソーシャルワーク教育学校連盟 国家試験合格支援委員会 国家試験合格支援委員
2. 2019/04/01~ あきる野市地域保健福祉計画策定・推進委員会 委員
3. 2018/04/01~ 介護支援専門員実務研修受講試験委員会 試験委員
■ 資格・免許
1. 2005/10 社会福祉士