(最終更新日:2022-04-04 19:09:19)
  ハマダ アキコ
  濵田 明子
   所属   経済学部 経済学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
公法学 (キーワード:税源浸食、経済的価値の交換に対する課税、移転価格税制、国家補助) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  アップル国家補助決定に対するEU一般裁判所判決の争点 月刊税理 64(3),162-170頁 (単著) 2021/02
2. その他 デジタル経済への対応における市場国の課税権の行方 東京税理士界 会報 令和2年8月号 (763),7-7頁 (単著) 2020/08 Link
3. 論文  OECDデジタル経済への税制の対処において求められる選択 税理 63(6),120-129頁 (単著) 2020/04
4. 著書  Implementing Key BEPS Decisions:Where do we stand?/Volume 12 in the WU Series  pp.465-485 (共著) 2019/11
5. 論文  移転価格税制における比較対象取引と差異の調整 税理 62(13),132-139頁 (単著) 2019/10
全件表示(25件)
■ 講師・講演
1. 2019/12/17 経済のデジタル化と国際租税制度(大分市)
2. 2019/04/23 多国籍企業のタックスルーリングと欧州の国家補助規制(東京)
3. 2012/05 租税の意義と租税法の性質(中国黒竜江省黒竜江大学)
4. 2010/08 関東信越税理士会大宮支部
5. 2009/09 関東信越税理士会大宮支部(大宮市)
■ 受賞学術賞
1. 2002/07 財団法人日本税務研究センター 第25回日税研究賞奨励賞受賞
2. 2004/10 財団法人租税資料館 第13回租税資料館賞受賞
■ 社会における活動
1. 2010/07~2013/10 日野税務署における租税教育施策に参加/星友祭におけるジョイント出展
2. 2015/11 日野税務署納税表彰
3. 2021/01~ International Fiscal Association, Women of IFA Network
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~  経済的価値の交換に対する所得課税制度の在り方―独立企業原則の機能と限界 個人研究 (キーワード:税源浸食(BEPS)、移転価格税制、Fintech)
■ 学歴
1. 2017/04~2018/03 ウィーン経済大学 オーストリア国際租税研究所 上席客員研究員
2. 2003/04~2008/11 筑波大学 ビジネス科学研究科 企業科学専攻 博士課程修了 博士(法学)
3. 2000/04~2001/03 中央大学 法学研究科 国際企業関係法専攻 修士課程修了 修士(法学)
■ 職歴
1. 2007/04~2015/03 成蹊大学大学院 法務研究科 兼任講師
2. 2009/04~2012/03 明星大学 経済学部 経済学科 准教授
3. 2012/04~ 明星大学 経済学部 経済学科 教授
4. 2015/04~2017/03 明星大学大学院経済学研究科 研究科長
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2021/04/01~ リーガルリサーチにおけるティーチング・アシスタントの運用
2. 2013/10~2016/10 文化祭における租税法研究発表及び税務行政に関する啓蒙活動
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1986/04/01~2007/03/31 国税庁等における税務行政の実務経験
●教育に関する発表
1. 2015/11/01 租税教育に関する日野税務署署長表彰
■ 授業科目
1. 【院】修士論文
2. 【院】国際租税法
3. 【院】国際租税法特殊研究
4. 【院】応用経済学演習1a
5. 【院】応用経済学演習1b
全件表示(16件)
■ 所属学会
1. 2009/09~ 租税法学会
2. 2012/04~ 国際租税法学会
3. 2013/10~ 日本公法学会
■ 資格・免許
1. 2000/12/25 税理士試験合格
■ 担当経験のある科目
1. 国際租税法(明星大学大学院)
2. 公法特殊講義(税法演習)(成蹊大学法科大学院)
3. 租税法(明星大学)
4. 独占禁止法(明星大学)
5. 商法(明星大学)