(最終更新日:2019-07-18 18:31:40)
  タカハシ ナミコ   TAKAHASHI Namiko
  高橋 南海子
   所属   付属教育研究機関 明星教育センター
   職種   特任准教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
社会心理学, 教育心理学 (キーワード:職業的発達・学校から社会への移行・キャリア教育・大学生教育・キャリアカウンセリング) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  国際化のなかのスキル形成-グローバルバリューチェーンは雇用を創出するのか-<OECDスキルズアウトルック2017> (共著) 2019/06
2. 著書  自立と体験1 (共著) 2016/03
3. 論文  内定期間中の大学生の心理と行動-内定者支援プログラムのための予備的検討- (単著) 2019/03
4. 論文  大学生の就職活動に関する実証的研究の動向と課題 (単著) 2018/03
5. 論文  就職活動を契機とした大学生の成長と入社後の適応 (単著) 2017/03
全件表示(8件)
■ 社会における活動
1. 2017/05~2018/03 労働者等のキャリア形成における課題に応じた キャリアコンサルティング技法の開発に関する調査・研究事業 専門部会委員
2. 2010/10~ 筑波大学カウンセリングコース・キャリア・プロジェクト
■ 学会発表
1. 2018/12/09 内定期間中の大学生の心理と行動ー就職活動経験と初期適応を繋ぐ研修プログラムのための予備的検討ー(日本キャリア教育学会第40回研究大会)
2. 2018/09 キャリア支援者の指導者養成プログラムの効果に関する予備的検討(産業・組織心理学会第27回大会)
3. 2018/03 多様性から学ぶキャリア理論学習-AL授業構造化の試み(第24回大学教育研究フォーラム)
4. 2017/10 就職活動における成長を規定する要因の縦断的検討(日本教育心理学会第69回総会)
5. 2017/09 就職活動を契機とした成長が若年就業者の適応に及ぼす影響(産業組織心理学会第33回大会)
全件表示(20件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2016/03  大卒者の就職活動経験と入社初期の組織適応との関連性の検討-就職活動による成長の観点より その他の補助金・助成金 
2. 2017/04~  就職活動と初期キャリアをつなぐ内定者フォロープログラムの開発と効果の検討 基盤C (キーワード:就職活動 初期キャリア 移行)
3. 2017/05~2018/03  労働者等のキャリア形成における課題に応じた キャリアコンサルティング技法の開発に関する調査・研究事業(厚生労働省) 企業からの受託研究 
4. 2018/04~  キャリア支援者の指導者養成プログラムの開発と効果の検討 基盤C 
■ 学歴
1. 1987/04~1991/03 東京女子大学 文理学部(文科系) 日本文学 卒業 文学士
2. 2008/04~2010/03 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 生涯発達専攻 修士課程修了 修士(カウンセリング)
3. 2014/04~2017/03 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 生涯発達科学専攻 博士課程修了 博士(生涯発達科学)
■ 職歴
1. 2011/04~2014/03 明海大学 総合教育センター 専任講師
2. 2014/04~ 明星大学 付属教育研究機関 明星教育センター 特任准教授
3. 2017/08~ 筑波大学 人間総合科学研究科生涯発達科学 大学等非常勤研究員
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2014~ アクティブラーニング型授業(キャリア・初年次)の開発と実践
2. 2013 教員・職員・カウンセラーの連携によるキャリア教育プログラムの実践
3. 2011~2013 フィールドワークを伴う問題解決型授業の開発と実践
4. 2011~2013 ポジティブ心理学を取り入れた再履修者向けキャリア教育プログラムの開発と実践
5. 2010~2014 ピア活動によるレポート作成プログラムの開発と実践
●作成した教科書、教材
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
●教育に関する発表
全件表示(24件)