(最終更新日:2017-05-17 16:07:12)
  ヤマザキ ヨシアキ   
  山崎 芳昭
   所属   理工学部 総合理工学科(機械工学系)
   職種   教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
機械力学・制御, 知能機械学・機械システム (キーワード:レスキューロボット、宇宙エレベーター、自律移動ロボット) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  Development of an Autonomous Rescue Robot: Achievement of Obstacle Avoidance and Stair Descent Using IMU Controls (共著) 2016/12
2. 論文  The experiment of autonomous rescue robot which mounted pyroelectric infrared sensor (共著) 2016/10
3. 論文  Basic Research on the Driving Performance of an Autonomous Rescue Robot with Obstacles (共著) 2015/12
4. 論文  Using Pyroelectric Infrared Sensors in the Autonomous Search for Heat Sources by Rescue Robots (共著) 2015/11
5. 論文  Automation of Searching in Debris by a Manipulator searching for Victims: Experimental Evaluation of Distance Sensor for Estimating Search Target Position (共著) 2015/10
全件表示(20件)
■ 社会における活動
1. 2016/09 多摩市東落合小学校でのレスキューロボットの展示実演
2. 2014/10 多摩市東落合小学校でのレスキューロボットの展示実演
3. 2012/10 府中市商工会議所「ふちゅうテクノフェア」でのレスキューロボット展示
4. 2008/09 日野第四小学校での「ロボット工作」出張講義
■ 学会発表
1. 2016/12/15 被災者発見用マニピュレータを用いた瓦礫探索方法に関する研究(第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会)
2. 2016/06/09 震災時の要救助者探索用レスキューロボットの開発(TIRIクロスミーティング2016)
3. 2016/05/29 焦電型赤外線センサを用いた自律移動型レスキューロボット における被災者探索システムの開発(日本設計工学会2016年度春季研究発表講演会論文集)
4. 2015/10/10 自律走行型レスキューロボットの開発 -熱源探索のための焦電型赤外線センサの実験検証-(日本設計工学会H27年度秋季研究発表講演会論文集)
5. 2015/05/30 遠隔操縦型レスキューロボットのIMUを用いた自動制御による 障害物走破性の向上(日本設計工学会H27年度春季研究発表講演会論文集)
全件表示(64件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2017/05/03~2017/05/06 RoboCup Japan Open 2017 愛知(ロボカップレスキュー実機リーグ)(愛知工業大学)
2. 2016/11/18~2016/11/20 第37回全日本マイクロマウス大会 マイクロマウス2016(明星大学)
3. 2016/09/16~2016/09/17 RoboCup レスキュー実機リーグキャンプ 2016(愛知工業大学)
4. 2016/10/02~2016/10/02 第34回マイクロマウス東日本地区大会(東京工芸大学 中野キャンパス)
5. 2015/08/11~2015/08/14 SPEC2015第7回宇宙エレベーターチャレンジ(福島県いわき市 曙ブレーキ工業(株) 敷地内 Ai-Ring)
全件表示(30件)
■ 学歴
1. 早稲田大学 理工学部 機械工学科 卒業
2. 早稲田大学 理工学研究科 機械工学専門分野生物制御研究 修士課程修了
3. 早稲田大学 博士(工学)
■ 職歴
1. 1986/04~2004/03 三菱電機株式会社 先端技術総合研究所 メカトロニクス技術部 研究員
2. 2004/04~2005/03 明星大学 理工学部 機械工学科 助教授
3. 2005/04~2007/03 明星大学 理工学部 機械システム工学科 助教授
4. 2007/04~2010/03 明星大学 理工学部 機械システム工学科 准教授
5. 2010/04~2016/03 明星大学 理工学部 総合理工学科(機械工学系) 准教授
全件表示(6件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2006/04/01~ シミュレーションSWを活用した講義の実施
2. 2006/04/01~ 電子回路製作による工学への興味の喚起
●作成した教科書、教材
1. 2006/04/01~ 制御工学の講義用プリント
2. 2006/04 ロボット工学の講義用プリント
3. 2004/04~2006/03/31 機械力学Ⅰ、Ⅱの講義用プリント
●実務の経験を有する者についての特記事項
●教育に関する発表
全件表示(9件)
■ 授業科目
1. 【院】ロボット工学演習・実験A
2. 【院】ロボット工学演習・実験B
3. 【院】ロボット工学特別講義A
4. 【院】ロボット工学特別講義B
5. 【院】ロボット工学特論A
全件表示(25件)
■ 資格・免許
1. 1988/10 第二種情報処理技術者
2. 1989/10 第一種情報処理技術者
3. 1993 普通自動車免許
■ 海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計  0  回
 在留期間2週間未満のもの   計  0  回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  0  回  0  回
 外国機関  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0  回  0  回
 所属機関  2  回  2  回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)  0  回  0  回
 自費  0  回  0  回
 計  2  回  2  回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語   英語,  
 論文の執筆に主に用いる言語   英語,