(最終更新日:2019-01-22 14:44:06)
  モリシタ エツオ   MORISHITA Etsuo
  森下 悦生
   所属   理工学部 総合理工学科(機械工学系)
   職種   常勤教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
牽引飛行体キャットフライヤーの開発, Excelを利用した流体解析, スクロール圧縮機 (キーワード:空気力学 流体工学 流体機械)  Link
■ 著書・論文歴
1. その他 1-1 プラズマアクチュエータ試作と航空機模型への適用について
○森山 雄太,森下 悦生(明星大学) (共著) 2016/12
Link
2. その他 1-2 ウエルズタービンの自転車への適用について
○山崎 剛,森下 悦生(明星大学) (共著) 2016/12
Link
3. その他 1-3 牽引飛行体キャットフライヤーについて
森下 悦生(明星大学) (単著) 2016/12
Link
4. その他 Inverse Schwartz-Christoffel Panel Method (単著) 2016/09 Link
5. その他 Schwartz-Christoffel Panel Method Improvements and Applications (単著) 2015 Link
全件表示(265件)
■ 学会発表
1. 2016 Biplane Aerodynamics Revisited(Šimurda D., Bodnár T.: Topical Problems of Fluid Mechanics 2016, Prague, 2016, 254 pages, ISBN 978-80-87012-58-1, ISSN 2336-5781) Link
2. 2014/09/13 Schwartz-Christoffel.: Transformation applied to polygons and airfoils(The 2014 International Conference Applied Mathematics, Computational Science & Engineering (AMCSE 2014), Varna, Bulgaria, September 13–15, (2014)) Link
3. 2013/07 Compressible Pipe Flow and Water Flow over a Hump(Proceedings of the World Congress on Engineering 2013 Vol III, WCE 2013, July 3 - 5, 2013, London, U.K.) Link
4. 2016/12/10 1-1 プラズマアクチュエータ試作と航空機模型への適用について ○森山 雄太,森下 悦生(明星大学)(第22回スカイスポーツシンポジウム) Link
5. 2016/12/10 1-2 ウエルズタービンの自転車への適用について ○山崎 剛,森下 悦生(明星大学)(第22回スカイスポーツシンポジウム) Link
全件表示(130件)
■ 学歴
1. 1972/05~1974/03 東京大学 工学系研究科 航空学専門課程 修士課程修了 工学博士 Link
2. 1980/10~1982/02 University of Cambridge 工学研究科 修士課程修了 MSc Link
■ 職歴
1. 2016/04~ 明星大学 理工学部 総合理工学科(機械工学系) 常勤教授
2. 2010/06~ 東京大学 名誉教授 Link
3. 1974/04~1987/03 三菱電機(株) 研究員 Link
4. 1987/04~2008/09 東京大学 工学系研究科航空宇宙工学専攻 教授 Link
5. 2008/10~2015/03 宇都宮大学 大学院工学研究科学際先端システム学専攻 教授 Link
全件表示(8件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2016/04/01~ プロジェクトI-キャット・フライヤーを作ってみよう 明星大学moodle2 活動記録・講義資料
2. 2016/04/01~ プロジェクトV  明星大学moodle2 活動記録
3. 2016/04/01~ 卒業研究 明星大学moodle2 活動記録・研究資料
4. 2016/04/01~ 機械工学系実験I 明星大学moodle2 実験資料
5. 2008/10/01~ Excelで学ぶ流体力学
●作成した教科書、教材
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
●実務の経験を有する者についての特記事項
●教育に関する発表
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(38件)
■ 所属学会
1. 日本航空宇宙学会 Link
2. 日本機械学会 Link
3. The American Institute of Aeronautics and Astronautics (AIAA) Link
■ 委員会・協会等
1. 2014/04/01~ 日本航空宇宙学会 フェロー
2. 2013/04/01~2015/03/31 放送大学 栃木学習センター 客員教授
3. 2012/04/01~2013/03/31 日本機械学会 関東支部 栃木ブロック 商議員
4. 2004/04/01~2005/03/31 日本航空宇宙学会 空気力学部門委員長
5. 1992 Fluid Dynamics of High Angle of Attack: IUTAM Symposium Tokyo, 1992. 幹事・国内組織委員会 委員
全件表示(9件)
■ 取得特許
1. 1985/05/07 Scroll-type hydraulic machine with two axially spaced scroll mechanisms(USP 4,515,539) Link
2. 1985/11/19 Scroll-type hydraulic machine(USP 4,553,913) Link
3. 1986/04/29 Scroll-type fluid machine with eccentric ring drive mechanism(USP 4,585,402) Link
4. 1987/06/23 Scroll type machine with tilting thrust bearing(USP 4,674,963) Link
5. 1988/03/15 Scroll-type apparatus having a pivoting main journal bearing(USP 4,730,998) Link
全件表示(18件)