(最終更新日:2020-06-24 18:46:56)
  タンノ タカユキ   TANNO Takayuki
  丹野 貴行
   所属   心理学部 心理学科
   職種   准教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
実験心理学 (キーワード:実験心理学、行動分析学) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  変動比率強化スケジュールと変動時隔強化スケジュールの間の反応遂行の違い (共著) 2005
2. 論文  確率モデルおよび空間統計学を用いた注視点の分析 (共著) 2008
3. 論文  比較の共通理解とは何か (単著) 2008
4. 論文  Schedule discrimination in a mixed schedule: Implications for models of the variable-ratio, variable-interval rate difference (共著) 2008
5. 論文  On the primacy of molecular processes in determining response rates under variable-ratio and variable-interval schedules (共著) 2008
全件表示(24件)
■ 受賞学術賞
1. 2012/09 日本行動分析学会論文賞
■ 学会発表
1. 2003 変動比率強化スケジュールと変動時隔強化スケジュールにおける反応データへの点過程解析法の適用(ラット)(日本動物心理学会第63回大会・日本基礎心理学会第22回大会合同大会)
2. 2004 Fine analysis of performance under variable-interval and variable-ratio schedules of reinforcement in rat(The 30th Annual Convention of Association for Behavior Analysis)
3. 2004 変動比率及び時隔強化スケジュールにおける反応間間隔強化理論の検討(日本基礎心理学会第23回大会)
4. 2005 VR・VI反応率差における反応‐強化子相関理論の検討(日本行動分析学会第23回年次大会)
5. 2006 Contingency differences between variable ratio and interval schedules of reinforcement shown by survival and time series analysis.(The 32nd Annual Convention of Association for Behavior Analysis)
全件表示(39件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011/03~2014/03  行動ダイナミクスを通したオペラント条件づけの連合学習的理解 特別研究員奨励費 
2. 2014/04~2016/03  選択行動・意思決定現象への進化論的モデルの展開 研究活動スタート支援 
3. 2016/04~2018/03  「形成」と「価値づけ」の機能分離による新たな選択行動・意思決定モデルの構築 若手B 
4. 2017/04~2019/03  ヒトの報酬スケジュールのための新たな実験プラットフォームの開発と展開 挑戦的研究(萌芽) 
5. 2018/04~2019/03  医療行動分析 企業からの受託研究 
全件表示(6件)
■ 学歴
1. 1995/04~2000/03 福島工業高等専門学校 建設環境工学科 卒業
2. 2000/04~2002/03 駒澤大学 文学部 心理学科 卒業 学士(心理学)
3. 2002/04~2005/03 慶應義塾大学 社会学研究科 心理学専攻 修士課程修了 修士(心理学)
4. 2005/04~2008/03 慶應義塾大学 社会学研究科 心理学専攻 博士課程単位取得満期退学
5. 2009/01
(学位取得)
慶應義塾大学 博士(心理学)
■ 職歴
1. 2008/04~2010/03 慶應義塾大学 文学部 非常勤講師(心理基礎実験)
2. 2008/04~2011/03 慶應義塾大学 文学部 非常勤講師(基礎情報処理)
3. 2010/04~2011/03 慶應義塾大学人文グローバルCOE 非常勤研究員
4. 2010/04~2011/03 東京女学館大学 国際教養学部 非常勤講師(学習心理学)
5. 2011/04~2012/01 University of Texas Health Science Center at San Antonio Department of Pharmacology Post Doctoral Fellow
全件表示(16件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2015/04/01~ 授業資料(パワーポイント)のWEB上での公開
2. 2015/04/01~ 演習の効果的な活用
●作成した教科書、教材
1. 2015/04/01~ 授業用パワーポイント資料の作成
■ 所属学会
1. 2002/05~ 日本行動分析学会
2. 2017/01 ∟ 若手委員会委員長
3. 2003/06~ 日本基礎心理学会
4. 2015/04~ ∟ 幹事
5. 2018/01 ∟ 若手研究者特別委員会委員
全件表示(8件)