(最終更新日:2017-07-07 14:47:43)
  ニシジョウ ジュンイチ   NISHIJYOU Jyunichi
  西條 純一
   所属   理工学部 総合理工学科(生命科学・化学系)
   職種   准教授
■ ホームページ
   http://www.molecularscience.jp
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
分子性磁性体, 遷移金属錯体, アセチリド錯体, ナノ構造体 (キーワード:Tetrathiafulvalene、TTF、分子性磁性体) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  A Series of Weak Ferromagnets Based on a Chromium-Acetylide-TTF Type Complex: Correlation of the Structures and Magnetic Properties and Origin of the Weak Ferromagnetism (共著) 2013/10 Link
2. 論文  Unexpected Strong Antiferromagnetic Interaction in [CuCyclam][Ni(1,2-benzenedithiolate)2]2 (共著) 2015/01 Link
3. 論文  Weak Ferromagnetism and Strong Spin-Spin Interaction Mediated by the Mixed-Valence Ethynyltetrathiafulvalene-Type Ligand (共著) 2011/03 Link
4. 論文  Facile and Mass-Producible Fabrication of One-Dimensional Ag Nanoparticle Arrays (共著) 2007/08 Link
5. 論文  d-Electron-Induced Negative Magnetoresistance of pi-d Interaction System Based on Brominated-TTF Donor (共著) 2005/03 Link
全件表示(40件)
■ 受賞学術賞
1. 2007/03 日本化学会第87回春季年会 優秀講演賞
2. 2009/08 第3回分子科学討論会 優秀講演賞
■ 学会発表
1. 2016/09 Synthesis and magnetic properties of new chromium(III)-acetylide-TTF type complexes(The 15th International Conference on Molecule-Based Magnets (ICMM 2016))
2. 2015/12 New preparation method of nanowires containing various organic molecules(The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2015))
3. 2015/03 有機分子のアセチリド化によるナノワイヤー作成:各種置換基の影響と機能性分子のナノワイヤー化(日本化学会第95回春期年会)
4. 2014/09 アセチリド錯体を用いた各種分子のナノワイヤー化とその適用範囲(分子科学討論会)
5. 2014/07 Structure and Intra-dimer Ferromagnetic Interaction of [MnX2Saloph(NCS)] (X = Cl, Br, I)(The 14th International Conference on Molecule-based Magnets (ICMM2014))
全件表示(38件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2003/04~2004/03  分子磁性体における強磁性相互作用と伝導-磁性間相互作用 特別研究員奨励費 (キーワード:pi-d相互作用、分子性導体、分子性磁性体、負の磁気抵抗)
2. 2005/04~2007/03  金属アセチリド化合物を用いた複合金属炭素構造体の創成と構造科学 基盤研究(B) 
3. 2006/04~2007/03  炭素被覆金属ナノ粒子の作成 企業からの受託研究 (キーワード:金属ナノ粒子)
4. 2008/04~2010/03  アセチリド錯体を用いた分子性磁性体・ナノ磁性体の開発 若手研究(B) (キーワード:tetrathiafulvalene、アセチリド、フェリ磁性、分子性磁性体、弱強磁性、遷移金属錯体)
5. 2008/04~2010/03  新規な金属原子単層担持グラファイト性多孔質ナノカーボンの創成 基盤研究(B) (キーワード:2次電池、グラフェン、スーパーキャパシタ、ナノカーボン)
全件表示(6件)
■ 学歴
1. 1995/04~1999/03 東京工業大学 理学部 化学科 卒業 学士(理学)
2. 1999/04~2004/03 東京工業大学大学院 理工学研究科 化学専攻 博士課程修了 博士(理学)
■ 職歴
1. 2003/04~2004/04 東京工業大学 日本学術振興会特別研究員
2. 2004/04~2012/05 分子科学研究所 物質分子科学研究領域 助教
3. 2012/06~ 明星大学 理工学部 総合理工学科(生命科学・化学系) 准教授
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2015/09~ 有機物性化学における自立性の涵養を目指したレポート課題の設定 Link
2. 2013/04/01~ 基礎無機化学における演習の導入 Link
●作成した教科書、教材
1. 2012/09~ 講義における各種資料 Link
■ 授業科目
1. 【院】修士論文
2. 【院】化学特別研究1
3. 【院】化学特別研究2
4. 【院】化学特別研究3
5. 【院】化学特別研究4
全件表示(33件)
■ 所属学会
1. 1999/01~ 日本化学会
2. 1999/08~ 日本物理学会
3. 2005/04~2012/05 ナノ学会
4. 2006/09~ 分子科学会
5. 2012/01~ アメリカ化学会
全件表示(6件)