(最終更新日:2018-05-24 18:43:43)
  オガサワラ タケシ   OGASAWARA Takeshi
  小笠原 岳
   所属   理工学部 総合理工学科(建築学系)
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
建築環境・設備 (キーワード:建築環境工学、建築設備学) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  国立西洋美術館本館における歴史的価値の保存・回復に着目した調査研究 : 第2報-仕切り壁の撤去によるエントランスホールの環境予測 (共著) 2016/05
2. 論文  A Study on the Indoor Environment of the Main Building of the National Museum of Western Art, in Japan, for the Development of a Retrofit Scheme (共著) 2013/09
3. 論文  CFD解析と実験による局所空調方式と天井給気型置換換気方式の比較 -ファミリーレストランの厨房換気に関する研究(その1)- (共著) 2012/12
4. 論文  国立西洋美術館本館における歴史的価値の保存・回復に着目した調査研究 (共著) 2012/11
5. 論文  オフサイト避難所における生活環境の実態 (共著) 2012/10
全件表示(17件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~  クリーニング工場における温熱・空気環境改善に関する基礎的研究 基盤研究C 
■ 学歴
1. 1995/04~1999/03 武蔵工業大学 工学部 建築学科 卒業 学士(工学)
2. 1999/04~2001/03 武蔵工業大学大学院 工学研究科 建築学専攻 修士課程修了 修士(工学)
3. 2004/04~2007/03 武蔵工業大学大学院 工学研究科 建築学専攻 博士課程修了 博士(工学)
■ 職歴
1. 2007/04~2008/03 武蔵工業大学 工学部建築学科 客員研究員
2. 2007/05~2008/03 東洋熱工業株式会社 技術研究所 契約社員
3. 2008/04~2011/08 東京理科大学 工学部建築学科 助教
4. 2011/09~2013/03 明星大学 理工学部 総合理工学科(建築学系) 助教
5. 2013/04~ 明星大学 理工学部 総合理工学科(建築学系) 准教授
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2012~ 環境・設備に関する可視化の実践
■ 授業科目
1. 【院】建築・建設工学研究1
2. 【院】建築・建設工学研究2
3. 【院】建築・建設工学総論B
4. 【院】建築設備学演習・実験
5. 【院】建築設備学特論
全件表示(19件)
■ 所属学会
1. 1998/09~ 日本建築学会
2. 1999/04~ 空気調和・衛生工学会
■ 委員会・協会等
1. 2004/04~2005/03 住宅・建築物の長期断熱性能と建材LCA調査委員会 長期性能WG 委員
2. 2006/04~2007/03 断熱材の長期断熱性能評価に関する標準化調査 国際規格翻訳WG 委員
3. 2007/04~2008/03 断熱材の長期断熱性能評価に関する標準化調査 国際規格翻訳・JIS原案検討WG 委員
4. 2008/04~2009/03 快適性を考慮した異なる暖房方式のエネルギー評価手法に関する研究委員会 委員
5. 2009/04~2010/03 UR賃貸住宅の常時小風量換気設備に関する研究委員会 委員
全件表示(12件)