(最終更新日:2021-07-07 14:14:21)
  アゴウ マリコ
  吾郷 万里子
   所属   理工学部 総合理工学科(環境科学系)
   職種   特任准教授
■ ホームページ
   LinkedIn
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 研究室情報
1. 生物資源材料研究室, BioMaterials and Colloids Lab, BioMaC
■ 現在の専門分野
木質科学, 高分子化学, 構造材料、機能材料, 複合材料、界面 (キーワード:セルロース,リグニン,ナノ粒子,コロイド,エマルション) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  リグニンナノ粒子のハイスループット合成技術の確立と機能化技術の開発 アグリバイオ 5(8),57頁 (単著) 2021/07
2. 論文  Mesoporous carbon microfibres for electroactive materials derived from lignocellulose nanofibrils. ACS Sustainable Chemistry & Engineering 8(23),pp.8549-8561 (共著) 2020/05
3. 著書  Nanocelluloses at the Oil–Water Interface: Emulsions Toward Function and Material Development Cellulose Science and Technology: Chemistry, Analysis, and Application pp.393-421 (共著) 2019
4. 論文  Morphology-controlled synthesis of colloidal polyphenol particles from aqueous solutions of tannic acid ACS Sustainable Chemistry & Engineering 7(20),pp.16985-16990 (共著) 2019/09
5. 論文  Nanocellulose and Nanochitin Cryogels Improve the Efficiency of Dye Solar Cells ACS Sustainable Chemistry & Engineering 7(12),pp.10257-10265 (共著) 2019/05
全件表示(45件)
■ 講師・講演
1. 2020/01 リグニンを原料とする機能性ナノ材料の創成
2. 2016 VALORIZATION OF LIGNIN in 0D and 1D ADVANCED SYSTEMS: PARTICLES for EMULSIFICATION and FIBERS for ENERGY STORAGE.(China)
3. 2016 Lignocellulose: from emulsions to solar cells.(Korea)
4. 2013 エレクトロスピニング法によるセルロースナノクリスタル/リグニンコンポジットナノファイバー(京都工芸繊維大学)
5. 2012 Electrospun micro‐ and nano‐fibers from multicomponent lignocellulose systems: Functional materials with special surface, mechanical and thermal properties.(Nanjing Forestry University, Nanjing, China)
■ 受賞学術賞
1. 2017/03 253rd ACS National Meeting, Best Presentation (Oral)
2. 2016/07 平成26年度 セルロース学会奨励賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/04~2024/03  リグニンナノ粒子の特性を利用したピッカリングエマルションプラットフォームの構築 基盤研究(C)(一般) 
2. 2019/09~2022/03  リグニンナノ粒子のハイスループット合成技術の確立と機能化技術の開発 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 研究活動スタート支援 
3. 2014/04~2016/03  リグニンコンポジットナノファイバーを原料とするカーボンナノファイバーの開発 若手研究(B) 
4. 2012/04~2013/03  新規セルロース誘導体の合成と物性 企業からの受託研究 
5. 2011/04~2012/03  セルロースナノファイバーのサイズと強度を利用した選択的光透過性をもつ新規紫外線遮断ポリマー複合化フィルムの開発 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(11件)
■ 学歴
1. 広島大学大学院 理学研究科 化学専攻博士前期課程 修士課程修了 修士(理学)
2. 京都大学大学院 農学研究科 博士(農学)
■ 職歴
1. 2001/04~2002/03 独立行政法人 酒類総合研究所 日本学術振興会研究員(リサーチ・アソシエイト)
2. 2002/04~2004/03 独立行政法人 産業技術総合研究所 非常勤研究員
3. 2004/04~2016/03 徳島文理大学 理工学部 講師
4. 2016/04~2018/03 Aalto Univeristy Research Fellow
5. 2017/11~2018/07 国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 研究開発・技術者
全件表示(7件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2019/04 環境化学実験テキスト作成
2. 2019/04 理工実験実習1_環境科学系テキスト作成
3. 2004/04/01~2016/03/31 材料科学実験A」「材料科学実験B」実験用テキスト作成
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2013/10/01~2014/11/30 高松第一高等学校CBI講師
2. 2008/08~2008/08 徳島県理数系教員指導力向上研修,講師
■ 授業科目
1. 【院】地球環境科学
2. 【院】環境システム学総論
3. 【院】環境バイオマテリアル特論
4. 【院】環境化学特論
5. ゼミナールⅠ
全件表示(17件)
■ 委員会・協会等
1. 2010/04/01~2017/03/31 セルロース学会 西部支部委員会
2. 2014/04/01~2016/03/31 セルロース学会 評議員
■ 取得特許
1. 2006/06/21 扁平セルロース粒子の製造方法(特許第3787598号)