(最終更新日:2020-09-11 22:35:04)
  カンバヤシ トシユキ
  神林 寿幸
   所属   教育学部 教育学科
   職種   常勤講師
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 研究室情報
1. 本研究室では、教育行政・学校・教職員に関する社会科学的研究を行っています。社会科学とは、社会や人間の行動をデータに基づいて実証的に明らかにする科学のことです。つまり本研究室では、教育行政に関わる組織、学校、教職員に関する事象をデータに基づいて解明していきます。担当教員(神林)は、質問紙調査の統計分析を用いた教職員の労働時間・メンタルヘルスに関する実証研究を行っています。
2. 本研究室は、次の①~➂のいずれかに該当する方の興味関心に近いと考えます。

 ①データに基づいて社会現象を分析・考察することに関心がある方
 ②本学開講科目「教育の制度と経営」「教育行財政」「教育法規」の講義内容に関心がある方
 ➂教職員の労働時間・メンタルヘルス・「働き方改革」に関心がある方
 
 本研究室を志望する方は、まず本ページの「著書・論文歴」にある単著あるいは学会誌に掲載された各研究論文をお読みいただき、ご自身の興味関心に合うかどうかご確認ください。
■ 現在の専門分野
学校経営, 教育政策, 教育行政学, 教育社会学, 労働経済学, 産業・組織・人事, 健康心理学・健康開発, 家政学・生活原論, 産業保健 (キーワード:教員、教育改革、教育政策、教育制度、労働時間、生活時間、ワークライフバランス、ウェルビーイング、健康、ストレス、メンタルヘルス、社会政策、労働科学、多変量解析、計量分析) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  教育制度を支える教育行政 (共著) 2019/04 Link
2. 著書  「学校における働き方改革」の先進事例と改革モデルの提案 (共著) 2019/02 Link
3. 著書  考える道徳教育 「道徳科」の授業づくり (共著) 2018/08 Link
4. 著書  支援スタッフで学校は変わるのか―教員との協働に関する実態調査から― (共著) 2018/03 Link
5. 著書  コミュニティ・スクールの全貌―全国調査から実相と成果を探る― (共著) 2018/02 Link
全件表示(65件)
■ 講師・講演
1. 2019/11 学校運営参画や学校事務体制の在り方について~学校事務職員の働き方の視点から~(八戸市総合教育センター) Link
2. 2019/10 「学校における働き方改革」における学校事務(久喜総合文化会館小ホール) Link
3. 2019/07 講義・演習「タイム・マネジメント」(独立行政行政法人教職員支援機構つくば中央研修センター) Link
4. 2019/02 働き方改革から見る学校経営戦略と事務職員の役割(江戸川区総合文化センター 大ホール) Link
5. 2018/11 学校事務の共同実施の現状と課題―事務職員の業務の実態から―(天童グランドホテル 舞鶴荘)
全件表示(15件)
■ 受賞学術賞
1. 2012/03 東北大学総長賞 Link
2. 2014/03 東北大学大学院教育学研究科長賞 Link
3. 2017/03 東北大学総長賞 Link
4. 2018/10 日本教育行政学会賞 Link
■ 社会における活動
1. 2017/06 教育ルネサンス 教員の働き方改革7(『読売新聞』2017年6月28日付朝刊・インタビュー)
2. 2017/07 教員の働き方改革をどう進める(水曜討論)※『北海道新聞』(2017年7月26日付朝刊)インタビュー
3. 2020/08 休まぬ夏 疲弊する教員 ※ 『朝日新聞』(2020年8月11日付朝刊・奈良全県)コメント掲載
4. 2020/09~2021/03 教職員の働き方改革に関する学術指導(宮城県東松島市、東日本電信電話会社、東北大学、明星大学の産学連携事業)
■ 学会発表
1. 2012/10/28 教育改革と教員の多忙化との関係―計量分析による学校選択制導入校と非導入校の比較―(日本教育行政学会第47回大会) Link
2. 2013/06/09 教員の多忙感の構造と規定要因―労働時間に着目して―(日本教育経営学会第53回大会) Link
3. 2014/06/08 課外教育活動の拡大に着目した教員の多忙化の検討―1950~60年代と2000年代調査の比較―(日本教育経営学会第54回大会) Link
4. 2014/10/12 「教員の職務の特殊性」という政策アイディアの展開 ―戦後国会会議録の分析を通じて―(日本教育行政学会第49回大会) Link
5. 2016/12/10 勤務実態の国際比較から読み解く日本における教員のメンタルヘルス(日本学校メンタルヘルス学会第20回大会) Link
全件表示(14件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~2023/03  ウェルビーイングを高める教員の働き方と生活に関する実証的研究 若手研究  Link
2. 2019/04~2023/03  労働法制改編に伴う教員の新たな勤務時間管理方策の影響と課題に関する調査研究 基盤研究(B)  Link
3. 2019/04~2022/03  教職員の“幸福”概念はどのように構成され,どうすれば高まるか? 基盤研究C  Link
4. 2020/04~2024/03  教員縦断調査による日本型教員人事制度の機能分析―教員の職場適応と職能形成を中心に 科学研究費補助金(基盤研究(B)) 
5. 2020/04~2025/03  教員の職能成長とその要因に関する実証研究―教員パネル調査の蓄積とその活用 科学研究費補助金(基盤研究(B)) 
全件表示(9件)
■ 学歴
1. 2014/04~2017/03 東北大学 大学院教育学研究科 総合教育科学専攻 博士課程修了 博士(教育学)
2. 2012/04~2014/03 東北大学 大学院教育学研究科 総合教育科学専攻 修士課程修了 修士(教育学)
3. 2008/04~2012/03 東北大学 教育学部 教育科学科 卒業 学士(教育学)
■ 職歴
1. 2014/04~2017/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員
2. 2017/04~2018/03 独立行政法人教職員支援機構 事業部 研修事業課 研修プロデュース室 研修特別研究員
3. 2018/04~2018/08 独立行政法人教職員支援機構 つくば中央研修センター 研修事業課 研修プロデュース室 研修特別研究員
4. 2018/09~ 明星大学 教育学部 教育学科 常勤講師
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2020/04/01~ 会議システムを活用した卒業論文指導・ゼミ
2. 2019/09/01~ LMSを活用したゼミ指導
3. 2018/09/01~ スライド資料の活用
4. 2018/09/01~ 新聞記事を活用した演習
●作成した教科書、教材
1. 2020/04/01~ 社会科学レポート・論文の書き方に関する資料
全件表示(7件)
■ 授業科目
1. 卒業研究
2. 教育の制度と経営
3. 教育の制度と経営
4. 教育の制度と経営(中高)
5. 教育学基礎演習1
全件表示(11件)
■ 所属学会
1. 2012/05~ 日本教育行政学会 Link
2. 2019/07~2019/08 ∟ 第19期理事・会長選挙 選挙管理委員
3. 2013/04~ 日本教育経営学会 Link
4. 2014/04~2015/06 ∟ 事務局幹事
5. 2014/06~ 日本学校メンタルヘルス学会 Link
全件表示(11件)
■ 委員会・協会等
1. 2015/01~2015/03 文部科学省委託事業「学校の総合マネジメント力の強化に関する調査研究(自律的・組織的な学校運営体制の構築に向けた調査研究) 調査研究委員
2. 2015/02~2016/09 公益財団法人連合総合生活開発研究所 「日本における教職員の働き方・労働時間の実態に関する調査研究委員会」 オブザーバー
3. 2016/02~2017/03 独立行政法人教員研修センター フェロー
4. 2017/04~2018/03 公立小学校・中学校教員勤務実態調査研究(文部科学省委託事業) 研究会 委員
5. 2018/09~2019/03 独立行政法人教職員支援機構 客員フェロー
全件表示(7件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2017/04/01~2018/08/31 独立行政法人教職員支援機構での研修の企画・運営 Link
■ 担当経験のある科目
1. 教育の制度と経営(明星大学, 明星大学通信教育部)
2. 教育学基礎演習2(明星大学, 明星大学通信教育部)
3. 教育行財政1(明星大学通信教育部)
4. 教育行財政2(明星大学通信教育部)
5. 教育の制度と経営(明星大学通信教育部)
全件表示(18件)