(最終更新日:2022-04-04 19:09:17)
  タカシマ ミホ
  高島 美穂
   所属   人文学部 国際コミュニケーション学科
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
ヨーロッパ語系文学, 各国文学・文学論 (キーワード:比較文化、比較文学、イギリス、フランス) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  DANGER AND EXREEMISM - A Comparative Study of George Orwell and Albert Camus as "literary" / "political" writers International Journal of the Humanities 2011 9(3) (単著) 2012/01
2. 論文  ART AND REALITY - A Comparative Study of George Orwell and Albert Camus on Their Literary Criticism International Journal of the Humanities 2010 8(5) (単著) 2010/10
3. 論文  交わりと疎外-『インドへの道』と『ビルマの日々』にみられる限界と希望(後編) 『接続 2009』 154-194頁 (単著) 2010/04
4. 論文  BEYOND ORIENTALISM: A Comaparative Study of French and British Literary Representations  6(7),pp.31-39 (単著) 2008/12
5. 論文  ART AND REPRESENTATION: A Comparative Study of George Orwell and Albert Camus on Their Literary Works (Revised)  5(11),pp.35-44 (単著) 2008/02
全件表示(18件)
■ 学会発表
1. 2011/06 DANGER OF EXTREMISM – A Comparative Study of George Orwell and Albert Camus as “political” / “literary” writers(International Humanities Conference 2011)
2. 2008/07 Beyond Orientalism: A Comparative Study of French and British Literary Representations(International Humanities Conference, 2008)
3. 2007/07 Art and Representation: A Comparative Study of George Orwell and Albert Camus(International Humanities Conference 2007)
4. 2006/07 Revolt and Equilibrium: A Comparative Study of Nineteen Eighty-Four and L'Homme Revolte(International Humanities Conference 2006)
5. 2005/08 A Comparative Study of George Orwell and Albert Camus(International Humanities Conference 2005)
全件表示(9件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/04~  イングランド絶対王政期(15~17世紀)と日本の戦国/安土・桃山時代~江戸時代の文化・歴史における比較研究 個人研究 
2. 2005/04~  文学・社会と人体の免疫構造の関連性について 個人研究 
3. 1994/04~  G・オーウェルとA・カミュ、及び、G・オーウェルとE・M・フォースターの比較研究 個人研究 
■ 学歴
1. ~1997/07 エセックス大学大学院 文学研究科 比較文化研究 博士課程修了 文学博士
2. ~1985 上智大学 外国語学部 仏語学科 卒業
■ 職歴
1. 2003/04~2005/03 明星大学 人文学部 英語英文学科 専任講師
2. 2005/04~2007/03 明星大学 人文学部 国際コミュニケーション学科 専任講師
3. 2007/04~ 明星大学 人文学部 国際コミュニケーション学科 准教授
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2003/04~ ①マルチメディア機器(DVD、PPT,CD等)の活用 ②グループ・ディスカッションの導入 ③リアクション・ペーパーによる学生の理解度の把握 ④Emailの活用 ⑤プレゼンテーションの導入 ⑥SA(ステューデント・アシスタント)の活用 ⑦課題、レポートの活用 ⑧オフィスアワーの活用
●作成した教科書、教材
1. 特になし
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 特になし
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 特になし
●教育に関する発表
1. 特になし
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(7件)
■ 授業科目
1. 【院】文化特殊研究2A(比較文化研究)
2. 【院】文化特殊研究2B(比較文化研究)
3. 【院】文化研究2A(比較文化研究)
4. 【院】文化研究2B(比較文化研究)
5. 【院】研究方法特別講義B
全件表示(18件)
■ 所属学会
1. 1997/10~2004/10 日本比較文学会
2. 1997/10~2004/10 日本英文学会
3. 2000/10~ 日本オーウェル協会
4. 2004/07~ International Humanities Conference