(最終更新日:2017-06-14 23:24:05)
  ヤマグチ トシヒサ   
  山口 俊久
   所属   理工学部 総合理工学科(物理学系)
   職種   教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
物性I (キーワード:固体物性、誘電体、強誘電体) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  レゴブロックを使った科学教育展示機器の開発 (共著) 2017/03
2. 論文  Group-Velocity Anomaly Modes in Hybrid Bands in Photonic Crystals Made of Ferroelectrics (共著) 2016/10
3. 論文  Quantum Paraelectric States in SrTiO3 and KTaO3:
Barrett Model, Vendik Model, and Quantum Criticality (共著) 2016/06
Link
4. 論文  超伝導磁気浮上走行体の速度測定 (共著) 2016/03
5. 論文  Dielectric and Phase Transitional Properties of Rb2ZnI4 and Its Mixed Systems at Low Temperature (共著) 2015/05 Link
全件表示(110件)
■ 講師・講演
1. 2010/03 マルチファロイクス研究のための、強誘電体の電気的測定の極意(岡山大学 津島キャンパス)
■ 学会発表
1. 2014/08 Dielectric and Phase Transitional Properties of Rb2ZnI4 and Its Mixed Systems at Low Temperature(The 10th Japan-Korea Conference on Ferroelectrics)
2. 2014/09/08 混晶系 Rb2ZnI4 - Rb2CdI4 の低温の誘電性(日本物理学会 2014年 秋季大会)
3. 2015/03/22 単斜晶系Rb2ZnI4A2BX4型強誘電体の熱膨張(日本物理学会 第70回年次大会)
4. 2016/03/20 混晶(Rb1-xKx)2ZnI4およびRb2Zn1-xCdxI4の熱膨張(日本物理学会 第71回年次大会)
5. 2016/09/15 磁気浮上した超伝導体の走行摩擦の測定(日本物理学会 2016年 秋季大会)
全件表示(102件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2004/11/02 第5回 ビジネスフェアfrom TAMA(新宿 NSビル)
2. 2010/07/30 平成22年度第3回先端技術セミナー&八王子未来学カンファレンス(八王子先端技術センター「開発・交流プラザ」)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1977/04~1979/03  (NH4)2SO4系の新しい強誘電体の研究 一般研究(B) 
2. 1980/04~1982/03  Rb2ZnCl4群強誘電体の研究 一般研究(B) 
3. 1980/04~1981/03  光干渉法による複素圧電定数の測定 奨励研究(A) 
4. 1982/04~1983/03  Rb2ZnCl4群物質の相転移の研究 一般研究(C) 
5. 1985/04~1987/03  4-メチルアンモニウム基を含む硫酸アンモニウム系物質の強誘電性の研究 一般研究(C) 
全件表示(11件)
■ 学歴
1. 1967/04~1971/03 東京工業大学 理学部 物理学科 卒業 理学士
2. 1971/04~1973/03 東京工業大学 理工学研究科 物理学専攻 修士課程修了 理学修士
3. 1973/04~1978/03 東京工業大学 理工学研究科 物理学専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 1979/02/28
(学位取得)
東京工業大学 理学博士
■ 職歴
1. 1978/04~1978/09 東京工業大学 大学院 理工学研究科 研究生
2. 1978/10~1979/03 中部工業大学 工学部 助手
3. 1979/04~1982/03 中部工業大学 工学部 専任講師
4. 1982/04~1984/03 明星大学 理工学部 電気工学科 専任講師
5. 1984/04~1989/03 明星大学 大学院 理工学研究科 電気工学専攻 助教授
全件表示(19件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2010/04/01~2016/03/31 「学科ガイダンス」における説明、および履修上の注意の補足など
2. 2006~2009 「電気・電子工学実験Ⅱ」の内容の更新と実験指導書の改編
3. 2003~2005 「学科ガイダンス」や「育星会学科別懇談会」におけるパワーポイントによる説明
4. 2003~2005 「電気工学実験Ⅰ」の内容の更新と実験指導書の改編(2)
5. 1999~2002 「電気工学実験Ⅰ」の内容の更新と実験指導書の改編(1)
●作成した教科書、教材
●教育に関する発表
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(21件)
■ 授業科目
1. 【院】修士論文
2. 【院】物性物理学演習・実験A
3. 【院】物性物理学演習・実験B
4. 【院】物性物理学演習・実験C
5. 【院】物性物理学演習・実験D
全件表示(27件)
■ 所属学会
1. 1971/04~ 日本物理学会
2. 2007/04~2012/03 軽金属学会
■ 取得特許
1. 2007/06/14 熱電対用端子(特開2007-149476)
2. 2007/12/27 窒化アルミニウム含有物の製造方法、窒化アルミニウム含有物、及び半導体デバイスの放熱体(特開2007-331995)