(最終更新日:2019-07-21 18:44:22)
  カサハラ ヨリミチ
  笠原 順路
   所属   教育学部 教育学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
ヨーロッパ語系文学, 美学・芸術諸学, 思想史 (キーワード:イギリス文学、バイロン、ワーズワス、ロマン主義、ピクチャレスク、崇高、眺望、廃墟、自我意識。)  Link
■ 著書・論文歴
1. 論文  “SOTHEBY’s Coliseum and the Menades: What Drunken Madness!?” (単著) 2018/03 Link
2. 論文  ジョン・クレア「夕べの鐘」の文法性 (単著) 2018/06 Link
3. その他 Reader, looke / Not on his Picture, but his Booke.: DMU Workshop on Meisei Copies of the Shakespeare First Folio (共著) 2018/03 Link
4. その他 「『美術年鑑』とロマン派文学――西山《学》へのオマージュとして」 (単著) 2017/03 Link
5. 著書  『英語へのまなざし――斎藤英学塾10周年記念論集』 (共著) 2016/05 Link
全件表示(61件)
■ 講師・講演
1. 1998/08 ‘Byronic Ruins’(Grasmere, UK)
2. 2008/08 ‘Byron’s Dying Gladiator: Its Source and Tradition’(Grasmere, UK)
3. 2017/05 「英詩を文法的に読む愉しみ」(静岡) Link
■ 学会発表
1. 2019/09/07 “Croly's Dying Warrior: The Roman Gladiator That Crossed the Boundary and Turned into Hermann/Arminius”(Transgressive Romanticism: Transgressing Boundaries, Limits, Taboos) Link
2. 2019/06/15 齋藤勇の “magic casements”――後の齋藤英文学を胚胎する「英詩講義ノート(Keats篇)」(第17回大会シンポジウム「紹介から研究へ――若き齋藤勇の英詩講義ノート(新発見!)を読む」) Link
3. 2014/06 CROLY: , From Paris in 1815 (1821, 1830) -- ゲルマン民族の英雄ヘルマン[アルミニウス]の死(第33回イギリス・ロマン派講座)
4. 2014/05 P. B. Shelley, terza rima, and Italy(Romantic Connections) Link
5. 2013/06 William Sotheby: From Italy (“The Coliseum” Passage) -- 剣闘士、そして未来の廃墟(第32回イギリス・ロマン派講座)
全件表示(37件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1989~  イギリス・ピクチャレスク文学~ロマン派文学における廃墟 個人研究 (キーワード:廃墟,崇高,断片)
2. 1998~2001  「18世紀から19世紀にかけてのイギリス文学における旅行記の研究」 平成10~13年度科学研究費補助金基盤研究 (C) (2) 
3. 1999~2004  イギリス18世紀地誌詩におけるロマン主義的要素の芽生え 国内共同研究 
4. 2001~  イギリス18~19世紀の詩における心の拡大と縮小 個人研究 
5. 2002~2005  「イギリス自然神学詩の研究」 平成14~17年度科学研究費補助金基盤研究 (C) (2) 
全件表示(7件)
■ 学歴
1. 1972/04~1975/03 東京教育大学文学部 文学部 文学科 卒業 文学士
2. 1983/04~1985/03 東京大学大学院人文科学研究科英語英文学専門課程修士課程 人文科学研究科英語英文学専門課程博士課程 英語英文学専門課程 修士課程中退 文学修士
3. 1985/04~1986/09 東京大学大学院人文科学研究科英語英文学専門課程博士課程 人文科学研究科 英語英文学専門課程 博士課程中退
■ 職歴
1. 1975~1978 東京都立忠生高等学校 教諭
2. 1978~1983 筑波大学附属駒場中・高等学校 教諭
3. 1986~1991 東京農工大学工学部(一般教育部) 講師・助教授
4. 1991~1999 東京大学教養学部・同大学院総合文科研究科 助教授
5. 1999/04~2005/03 明星大学 人文学部 英語英文学科 教授
全件表示(8件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 1994~1997 英作文指導 「短期記憶を利用した英文再生訓練」(東京大学教養学部)
●作成した教科書、教材
1. 2007 《共著・共演》大石和欣編 Introduction to English Romanticism. 放送大学、2007年。 【放送大学ウェブ講義】 Link
2. 2000 《共著》東中稜代・小泉博一編『イギリス詩を学ぶ人のために』世界思想社、2000年。 Link
3. 1994~2001 《共著・共演》高松雄一編『イギリス文学』放送大学教育振興会、1994年, 1998年改訂増補。【放送大学、ラジオ「イギリス文学」用教科書】 Link
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2013~ 教員免許状更新講習 講師(明星大学)
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(7件)
■ 授業科目
1. 卒業研究
2. 教育実践ゼミ1
3. 教育実践ゼミ2
4. 教育実践ゼミ3
5. 英米文学2
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 1983~ イギリス・ロマン派学会
2. 1996~ ∟ 理事
3. 2000/04~2006/03 ∟ 副会長・企画運営委員長
4. 2006/04~2012/03 ∟ 編集委員長
5. 2012/04~2016/03 ∟ 会長
全件表示(16件)
■ 委員会・協会等
1. 1987~1989 (財)日本英文学会事務局 書記・事務局長補佐
2. 1990~2000 イギリス・ロマン派学会 編集委員
3. 1992~1996 文部省 教科用図書検定調査審議会 特別調査員
4. 1992~2001 日本シェリー研究センター 幹事
5. 1996~ イギリス・ロマン派学会 理事
全件表示(17件)