(最終更新日:2022-04-25 16:03:12)
  タナカ ヒロマサ   Hiromasa Tanaka
  田中 宏昌
   所属   人文学部 国際コミュニケーション学科
   職種   教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
言語学, 社会学 (キーワード:応用言語学、外国語教育(英語)) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  Attitude and Stance in Discourse.  pp.438-459 (単著) 2022/02 Link
2. 著書  Hard to find hotel and cafe: A narrative approach to inter-discursive research   (単著) 2021/12
3. 著書  Kulttuurikirjon sadonkorjuu / Intercultural Harvest  pp.20-30 (共著) 2021/02 Link
4. 著書  Good Data in Business and Professional Discourse Research and Teaching: Further Explorations (Communicating in Professions and Organizations)Jacobs, G & Decock, S (eds.)  pp.115-139 (単著) 2021/01 Link
5. 論文  Social Cognition of Temporality and Environment : Lingua Franca English Construction, in a Socio-cognitive Approach Business Communication Research and Practice 3(1),pp.17-26 (共著) 2020/07 Link
全件表示(91件)
■ 講師・講演
1. 2021/03/02 Ho-Ren-So: Japanese workplace mobile instant messaging communication in a social enterprise(Cardiff) Link
2. 2020/06/29 Construction and deconstruction of borders in Project-based learning(Vargigha Brazil) Link
3. 2019/08/22 Intercultural Language Use and Language Learning(ジョージア トビリシ)
4. 2018/08/31 Nurturing Leadership through real world projects(ナレスワン大学  タイ) Link
5. 2017/06/23 Linguistic leadership in Multi-Cultural Meetings(寧波 ノッティンガム大学) Link
全件表示(25件)
■ 社会における活動
1. 2020/04~2021/01 NPO法人笑顔のきずなとのブランドマーケティング
2. 2016/04~2017/03 トランシルバニア クリエイティブ キャンプ
3. 2015/05~ 外国人にやさしい街づくり
4. 2015/10~2015/10 ウズベキスタン人材育成ワークショップ
5. 2010/07~ 元気玉プロジェクト
全件表示(14件)
■ 学会発表
1. 2021/09/03 Stickers in Mobile Instant Messaging in Social Business Discourse in Japan(15th Conference of European Sociological Association 'Sociological Knowledge for Alternative Futures")
2. 2021/08/27 A new approach to ELF discourse: Towards a sensory-pragmatics of competence(2021 Association for Business Communication Regional Conference Vienna)
3. 2020/10/28 When ready-made, core common ground and shared sociocultural knowledge are not available. Timing and time perception in intercultural business communication.(Association for Business Communication Annual International Conference) Link
4. 2020/06/29 Construction and deconstruction of borders in Project-based learning(VI Congresso Internacional do Grupo Unis - I International Conference) Link
5. 2019/09/20 Languaging in Lingua Franca projects: Multiple perspectives(5th ESTIDIA Conference) Link
全件表示(63件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009~2011  日本人と中国人のビジネスプロフェッショナルにおけるターンテイキングとトッピックマネジメント 国際共同研究 (キーワード:ターンテイキング 異文化コミュニケーション)
2. 2005/04  NGO職員の英語ニーズ分析 機関内共同研究 (キーワード:NGO 言語能力)
■ 学歴
1. 1997/01~2000/06 テンプル大学大学院 教育学研究科 Education 博士課程修了 教育学博士
2. 1992/08~1995/05 テンプル大学 教育大学院 修士課程修了 教育学修士
3. 1973/04~1978/03 立教大学 経済学部 経済 卒業 経済学士
■ 職歴
1. 1989/04~1999/03 産能短期大学 講師
2. 1999/04~2001/03 独協大学 非常勤講師
3. 1999/04~2000/03 産能短期大学 助教授
4. 2000/04~2005/03 明星大学 人文学部 英語英文学科 助教授
5. 2005/04~2006/03 明星大学 人文学部 国際コミュニケーション学科 助教授
全件表示(7件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2021/04/01~2022/01/27 ジョージアの大学、情報学科と国際コミュニケーション学科の学際的なアクティブラーニングの実施
2. 2020/06/20~2021/08/27 COIL (Collaborated Online International Learning) を使った多国間にわたる授業
3. 2018/04/20~2021/07/27 情報学科と国際コミュニケーション学科の学際的なアクティブラーニングの実施
4. 2016/04~ トランシルバニア・クリエイティブ・キャンプ
5. 2012/06~ コンサルティングへの大学院生の参加
●作成した教科書、教材
●教育に関する発表
全件表示(28件)
■ 授業科目
1. 【院】コミュニケーション特殊研究1A(ビジネスコミュニケーション)
2. 【院】コミュニケーション特殊研究1B(ビジネスコミュニケーション)
3. 【院】コミュニケーション研究1A(ビジネスコミュニケーション)
4. 【院】コミュニケーション研究1B(ビジネスコミュニケーション)
5. 【院】修士論文
全件表示(24件)
■ 所属学会
1. 2020/06~ European Society for Transcultural and Interdisciplinary Dialogue Link
2. 2020/10~ ∟ Advisory Board
3. 2020/06~ Association for Business Communication Link
4. 2019/09~ I-LanD Research Centre Link
5. 2008/04~ 国際ビシジネスコミュニケーション学会
全件表示(8件)
■ 委員会・協会等
1. 2020/10/29~ European Society for Transcultural and Interdisciplinary Dialogue Advisory Board Link
■ 海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計  0  回
 在留期間2週間未満のもの   計  0  回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  0  回  0  回
 外国機関  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0  回  0  回
 所属機関  0  回  0  回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)  0  回  0  回
 自費  0  回  0  回
 計  0  回  0  回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語   英語  
 論文の執筆に主に用いる言語   英語