ミヤワキ ケンタロウ
  宮脇 健太郎
   所属   理工学部 総合理工学科(環境科学系)
   職種   教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2002
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 Mechanisms for the Aging induced reduction of lead solubility in scrubber residues from municipal solid waste combustion
執筆形態 共著
掲載誌名 Waste Management & Research
巻・号・頁 20,pp.90-98
著者・共著者 T.Shimaoka, K.Miywaki, T.Yoshida, T.Uchida, K.Gardner, T,Eighmy
概要 焼却飛灰のエージング機構(安定化メカニズム)について検討した。主要因は炭酸化によるカルシウム化合物の変化とpHの変化であった。