イワミ ノリオ
  岩見 徳雄
   所属   理工学部 総合理工学科(環境科学系)
   職種   准教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2008/01
形態種別 学術雑誌
標題 Growth performance and accumulation of off-flavor in Red Tilapia, Oreochromis niliticus X Oreochromis mosambicus, cultured by green water system using chicken manure
執筆形態 共著
掲載誌名 Asian Environmental Research
巻・号・頁 1,pp.8-16
著者・共著者 Niwooti Whangchai, Korntip Kannika, Somkid Deejing, Tomoaki Itayama, Norio Iwami, Takashi Kuwabara, Yuwadee Peerapornpisal
概要 タイ王国内陸部では、内水面養殖が生活および経済基盤として重要な役割を成している。主要な養殖魚としてティラピアが上げられるが、この種は養殖池で増殖した藻類をエサとして養殖する。しかし、近年、カビ臭物質を産生する藍藻が優占化し養殖魚へのカビ臭付着が顕在化してきている。そこで、カビ臭産生藻類の優占化防止のための栄養供給量について検討し、藻類の栄養として供給している鶏糞の添加量とカビ臭物質産生藍藻の増殖量との関係および養殖魚の成長とカビ臭物質の蓄積量との関係を調べ、栄養供給量の適性量を明らかにした。