タカシマ ミホ
  高島 美穂
   所属   人文学部 国際コミュニケーション学科
   職種   准教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2006/09
形態種別 学術雑誌
標題 CONNECTION AND ALIENATION: A Comparative Study of E. M. Forster and George Orwell (Revised)
執筆形態 単著
巻・号・頁 3(6),pp.1-11
概要 本編においては、E・M・フォースターの最後の小説『インドへの道』とジョージ・オーウェルの処女作『ビルマの日々』に焦点をあて、特に、両作家の生い立ち及び幼少・青年期の体験と関連づけることにより、それぞれの作品中に描かれている、植民地インドの文化や人々の比較・対照を試みている。