タカシマ ミホ
  高島 美穂
   所属   人文学部 国際コミュニケーション学科
   職種   准教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 1996/12
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読あり
標題 CONNECTION AND ALIENATION (PART II)
執筆形態 単著
掲載区分国内
出版社・発行元 『ICU比較文化』
巻・号・頁 (29),pp.68-85
概要 本論文においては、第1部に続き、E・M・フォースターの最後の長編小説『インドへの道』とG・オーウェルの処女作『ビルマの日々』に焦点をあて、作品中の描写と、2人の作家の文化・社会的背景、政治観及び作家の社会的役割との相互的な関係を対照・比較研究している。